audio-technica初のノイズキャンセリング搭載、完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」が発売

2020年5月29日、オーディオテクニカ(audio-technica)より、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」が発売されました。audio-technicaは東京町田市に本拠地を構える音響・映像機器メーカーです。今回は、この注目の「ATH-ANC300TW」について紹介します。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥22,980 (2020/07/06 13:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

audio-technica 『ATH-ANC300TW』

日本の老舗オーディオメーカーのオーディオテクニカから発売された『ATH-ANC300TW』。同社から発売される6製品目の完全ワイヤレスイヤホンとなり、待望のノイズキャンセリング対応した完全ワイヤレスイヤホンとなっています。価格はAmazonで27,280円で販売されており、ハイエンド向け完全ワイヤレスイヤホンになります。

DLCコーティングを採用した専用設計ドライバーでクリアな音を再現

炭素と水素から成るナノレベルの薄膜を金属表面にコーティングするDLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板の専用設計φ5.8mm ドライバーを採用し、クリアな音と筐体の小型化を実現しているという。ハイエンド向けイヤホンにも採用されているDLCコーティングは、高音域から低音域の全体に渡って、優れた音質を提供する。φ5.8mmドライバーにより、7g(片耳)と軽量化を実現している点も他モデルから進化している

2つのマイクによる高品質なノイズキャンセリング

イヤホンの内部と外部にそれぞれ搭載される小型のMEMSマイクで周囲の騒音を拾い、独自開発のノイズフィルターを通して、ノイズを軽減する。商品購入者によるレビューを見ると、周囲の騒音量に合わせて、ノイズ軽減具合を調整しているようだ。ノイズキャンセリングの効き具合は、「強すぎない」自然な印象だという。また、「ヒアスルー機能(外部音取り込みモード)」も搭載する。ノイズキャンセリング・ヒアスルー共に、3段回の強さを切り替えを専用アプリ「Connect」上から可能。

※主に300Hz以下の騒音を低減させるため、それ以上の周波数成分の多い騒音(電話の着信音、話し声など) に対しては効果がほとんどないという。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥22,980 (2020/07/06 13:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

連続約4.5時間、最大約18時間の再生可能なバッテリー

1回のフル充電で連続約4.5時間(ノイズキャンセリング使用時)の再生が可能です。充電ケースを併用すれば、最大約18時間の再生ができるという。(充電ケースは約3回分のフル充電が可能)。約10分の充電で約1時間の再生が可能という。4.5時間連続再生が可能なAppleのAirPods Proと同等のバッテリーを備えています。

デザイン・その他機能について

  • 充電は、USB-Cポートを採用し、付属のUSBケーブル(USB-A⇄C)で行う。
  • イヤーピースは、4つのサイズ(XS/S/M/L)を付属し、自分に合う最適なフィット感が得られる。
  • 「電源ON/OFF」、「Bluetooth接続/切断」、「電池残量が少ない場合」の音声ガイド機能を備える。
  • IPX2相当の防滴に対応(イヤーピース部を除く)
  • 左右に搭載するマルチファンクションボタンに音量調整、曲の再生/停止、次(前)の曲に送る、ノイズキャンセリング機能とクイックヒアスルー機能の切り替えを割り当てることができる。

総評

「ATH-ANC300TW」は、音質・デザイン・機能面でバランスの取れた製品と言えるだろう。オーディオテクニカは、マイク販売の実績もあり、音質・ノイズキャンセリング機能、共に高評価のレビューが目立つ。

ただ、イコライザーが搭載されていないため、自分好みに音を調整したい人には、少し向かない製品かもしれない。が、元々の設定が聴きやすい調整にされており、特にいじらないという人にはおすすめできる製品でしょう。イコライザーは、今後のアップデートで対応する可能性もありますし。

ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホンは、他社メーカーからも、今年に入り豊富に投入されてきている。「ATH-ANC300TW」も選択の一つに入ると言えるでしょう。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥22,980 (2020/07/06 13:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

Source:audio-technica [ATH-ANC300TW]

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事