次世代iPhone「iPhone8(iPhoneX)」の発売が10月や11月に遅れる可能性が浮上!

      2017/05/25

台湾のEconomic Daily News(EDN)は、次期iPhoneの発売が例年の9月ではなく、10月や11月に遅れる可能性があることを報じています。

これらは、iPhoneのサプライチェーンの受注状況より考えられたもので、Foxconnからのリークはないとしているものの、現時点でリーク情報が例年に比べ少ないことから遅れる可能性は十分に考えられます。

 

アップルのA11チップは、今月から開始される予定だが、3Dフロントカメラに関しては現在、技術的な問題に直面しておりiPhone8(仮)の生産は9月から本格的に開始するとDigitimesは報じています。

 

iPhone発売10周年という次期iPhoneはエッジツーエッジOLEDディスプレイやホームボタンを廃止した全面ディスプレイ虹彩認証3D顔認証などを可能にする3Dセンサリング機能を搭載すると言われており、例年以上の期待を集めています。

また、先日アップルがサムスンに次期iPhone用 OLEDディスプレイを7000万個注文という情報も入ってきており、OLEDディスプレイの搭載も有力視されています。

 

毎年、遅れる遅れると言われながら9月に発表しているiPhone。ただ、「iPhone8」は本当に遅れる可能性があるかもしれませんね。もし、噂されているものが全て実装となった場合、iPhone7からかなり急進的な進化となります。Appleは時間をかけても、我々が満足できるものを発表してくれるでしょう。

source:Digitimes9to5mac

 - 最新情報 ,