Google、Amazonが和解。Chromecast、Fire TVの相互でプライム・ビデオ、YouTubeが今年後半に利用可能に

Apple、Qualcommに続いて、GoogleとAmazonも和解したようです。

AmazonとGoogleは4月18日(現地時間)は、それぞれが販売するストリーミング端末「Chromecast」「Fire TV」で互いの動画サービス「プライム・ビデオ」「YouTube」のアプリを今年後半目安に提供開始することを発表しました。

これで、2017年頃から続いていたコンテンツ・ハードウェアのシェア争いによる両社の動画サービスの締め出しが緩和されます。今までも「Fire TV」からは、Web上からYouTubeを利用することが可能でしたが、利便性には欠けていました。

今回の発表では「Chromecast」と「Fire TV」についてのみで、Amazonから発売されているスマートスピーカー「Echo Show」、タブレット「Fire」がYouTubeに対応するかは、現時点では不明です。

おすすめの記事