ニューロン – Neuron –


10.5インチiPad Proはベゼルレスではないとのこと。では、なぜ9.7インチから10.5インチへ変更する必要があるのだ??

2017/05/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラ、ガジェットのレビュー動画等をYoutubeにアップしています。

どうも、ニューロンです。今回は、ニューロンの思考のコーナーです。

 

6月のWWDCで登場すると言われているiPad Pro 10.5インチモデル。ベゼルレスデザインやホームボタン消失など、さまざまな噂があがっており、かなりの期待がかかっているように感じ取れる。実際にこのサイトのPVもiPad Pro関連の記事が大半を占めている。ただ最新の情報によると、iPad Pro 10.5インチはベゼルレスではないし、ホームボタンもあるらしい。

「そりゃそうである。」

今年のiPhone8はiPhone誕生10周年のアニバーサリーということもあり、大幅なアップデートが計画されている。次期iPhoneは、例年の2モデルにプレミアムモデルを加えた3モデル用意されており、こちらが2017年の目玉と言っても過言ではない。iPad Proにデザインや機能に関してのインパクトを持っていかれたら、iPhoneの売り上げにも大きく影響するだろうし、アップルもそんなことはしないだろう。

関連記事:iPhone8は名前が「iPhone X」に!大幅なデザイン変更・ホームボタン廃止・遠隔ワイヤレス充電などなど。最新情報 まとめ

以上のことより、今までは10.5インチiPad Proはベゼルレス・ホームボタン消失のため9月のiPhoneと同時に発表されるだろうというのがアナリスト大半の意見であり、このサイトでもそうなるだろうと予想していた。

しかし、その予想は大きく外れることになる。ここ最近で10.5インチiPad Proのリーク情報がわんさかと出てきているのだ。おそらく、10.5インチiPad Proが発表されるのはWWDCだろう。

新型iPad Pro2(10.5インチ)は6月のWWDCでお披露目か。スペック【最新情報】まとめ

ただ画面が一回り大きくなったiPad ProをWWDCで発表するのだ。

そこで、一つの疑問が生まれる。

「なぜ、9.7インチから10.5インチに変更する必要があるのか。」

Appleは、なぜ伝統ある9.7インチサイズをやめて、10.5インチへの変更をこのタイミングで行うのか。

「本体サイズをそのままに〜、ベゼルレスデザインにしたら画面が大きくなっちゃった!!」

これは、非常に納得がいく。

だが、これから発表されようとしているのは、ディスプレイとともにボディサイズも一回り大きくなったiPad Proである。

 

あ、ここ重要なのでもう一度言いますね。

 

「ボディサイズも一回り大きくなる。」

 

なんでなん??

 

この答えは、意外にもシンプルだと思う。

iPad Proだから。

iPad Proは、クリエイティブな作業をする人向けに開発されたものである。実際に、今年の4月にはApple Pencilが使えないiPad(第五世代)がリリースされた。おそらく、9.7インチモデルは、ほんの少し小さいのだろう。

 

この疑問に対する詳しい答えは、WWDCで聞くことができるかもしれない。

現地時間6月5日午前10時から(日本時間6月6日午前2時から)の基調講演を待つことにしましょう。

関連記事【WWDC 2017まとめ】Siri搭載スマートスピーカー・iPad Pro2など。今年のWWDCはアツい!最新情報まとめ














Copyright© ニューロン – Neuron – , 2017 All Rights Reserved.