「Mac mini」プロ向け仕様、クールなコンセプトイメージが登場

NYブルックリンにて今夜23時(日本時間)から行われるイベントでは、「iPad Pro」「MacBook」「iMac」そして「Mac mini」の登場が期待されている。中でも、「Face ID」が搭載されデザインが一新される予定の「iPad Pro」と、4年ぶりのアップデートが期待される「Mac mini」は多くの注目を集めている。

ハンガリーの学生Viktor Kádár氏がBehanceにて、「Mac mini」のコンセプトイメージを公開したのでご紹介する。



Thunderbolt3ポートを4基、スペースグレイ仕上げ

今回公開されたコンセプトイメージには、HDMI端子、SDカードスロットなどは、現行モデルと同じ配置になっている。Thunderbolt3は、現行モデルのThunderbolt2の2基から4基に増設されており、その代わりUSBポートは2つに削減されています。

新型ワイヤレスキーボードのコンセプトも用意されており、こちらは「Touch Bar」を搭載したものとなっています。

Appleの情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏とMark Gurman氏は、共に「Mac mini」にはプロフェッショナル向けの機能が追加されると話していますが、その詳細についての情報は何もありません。
何はともあれ、今夜の基調講演で全てが分かります。












source:MacRumors

おすすめの記事