Apple、2020年3月に4.7インチ・ホームボタン搭載のiPhone SEの後継モデルを発売か

Appleが、2020年3月に「iPhone 8」のデザインを踏襲した4.7インチの新型iPhoneを発売するという情報を台湾メディアが報じた。このモデルは、128 GBのストレージ、iPhone XI(iPhone 11)に搭載予定のA13 Bionicチップ、シングルレンズカメラを搭載し、価格は650ドル前後になるとされています。

iPhone SEは販売終了したが根強い人気

すでに販売終了してしまっている「iPhone SE」。このモデルは低価格&小さい画面サイズで、決して最新スペックではないものの非常に人気があり現在も中古市場で多くの取引がされています。このモデルの大きな特徴的は、Touch ID搭載のホームボタンを持つこと。 Touch IDホームボタンは、つい先日アップデートされたばかりの低価格路線「iPad Air」と「iPad mini」にも搭載されており、Touch ID搭載iPhoneが新たに発売される可能性は、十分にあります。

近年のiPhoneの最新モデルは、10万円を超えることが当たり前となっており、新しいiPhone SEはそこまでのハイエンドを求めないユーザー向けに、低価格で提供される可能性が高いでしょう。

via:9to5Mac

おすすめの記事