2019年のiPhone、フロントカメラは1,200万画素へ進化、カメラは目立たないように特殊なブラックコーティングを採用か

Apple関連の情報で有名なアナリスト、Ming-Chi Kuo氏の最新情報によると、2019年に発売するiPhoneは、全てのモデルで1,200万画素のフロントカメラを採用するようです。現在発売されている「iPhone XS/XS Max/XR」は、700万画素のため、大きく画質が向上することとなります。

Kuo氏によると、5.8インチと6.5インチのOLEDディスプレイを搭載した次期iPhone XSとiPhone XS Maxモデル、6.1インチのLCDディスプレイを搭載した時期iPhone XRモデルには、それぞれトリプルレンズカメラ、デュアルレンズカメラへとアップデートされるという。トリプルレンズカメラは、1,200万画素の望遠レンズと1,200万画素の広角レンズ、そして追加されるもう一つにはソニー製の1,200万画素超広角レンズが採用されるという。

また、フロントカメラと背面の超広角レンズには、特殊なブラックコーティングが施され、カメラレンズが周りのベゼルに溶け込み「目立たなく」なるとしている。

おすすめの記事