apple-ondesk

Samsungは、Appleに「iPhone X」以降の有機ELディスプレイを独占供給しています。しかし、iPhoneの出荷台数が予測より少なくAppleはSamsungに対し数億ドルの罰金を払う必要があるという。ETNewsの情報によると、AppleはSamsungに対し、罰金の支払いの代わりに「次期MacBookとiPad向けのOLEDディスプレイの注文をする」という選択肢を提示したという。

Apple関連の情報に定評のあるアナリストMing-Chi Kuo氏が主張した、16インチ(16.5インチ?)のMacBook Proのスペックの詳細は明かされていません。また、Mini-LEDバックライトを搭載した、2つの新しいiPad Proが2019年の第4四半期から2020年の第1四半期の間に量産に入るとも主張していましたが、これもまた有機ELディスプレイを搭載したものかどうかは判明していません。

 

有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイに比べ、低消費電力、高輝度、より鮮明な色、薄型化が可能など、複数の利点を持ちます。 

source:MacRumors
おすすめの記事